いつもご覧いただきありがとうございます!

 

今日は雨ふりです。

稲がさらにつぶされないように祈り。。

 

今日は世界経済を見てみます。

結論から言うと、

「今の日本の普通は普通じゃない」って事。

 

まずはこの表をご覧ください。


引用:http://www.garbagenews.net/archives/1335765.html

これを見ると、まず思い浮かぶのが、

「アメリカ断トツにすごい」

「中国の最近の伸びがすごい」

など。

 

で肝心の日本はというと、平行線。。

というか、1995年とほとんど同じなんです。

 

つまり何が言いたいかはここがミソなんですが、

「1995年と同じ経済水準の国がほかにあるか?」

という事。

 

このグラフ見ても日本はまだGDP3位です。

水準が高いと錯覚するかもしれませんが、

他の国は年々右肩上がり、

このままだといずれ日本を越していきます。

 

ではなぜこうなったか?

個人的にはイノベーションがなかったことだと思います。

 

古き良き日本が、日本神話のように残り、それを引き継ぐ流れ。

つまり、昔のやり方をずっとやっていけば今後も間違いないという事。

 

でも考えてみれば、他の国の視点からしたら、

毎年同じことをして成長を拒んでいる国に、だれが興味をいだくの?

ってこと。自分の目線で考えてもそう感じませんか。

 

つまり、世界がどんどんイノベーションを起こし、成長していこうという精神の中、

日本がそれをしてこなかったというのがこのグラフに表れています。

 

じゃあどうしていこうか?

それは、まず個人がこの現状を受け入れ行動を起こすことです。

いきなり独立とかじゃなく、まずは小さな意識でもOKです。

サラリーマンは全員副業してもいいと思ってます。

個人が、小さなイノベーションからすべてが始まります。

 

農業だってもちろんそうです。

稲刈りをすれば勝手に販売、現金化、

なんて甘い認識は絶対捨てるべき。

 

むしろ、JAがつぶれたらどうやって販売していこうか?

位を常々考えて行動していく必要があります。

 

まとめとして、

世界は日々どんどん変わっている事、

イノベーションがなければ成長なしという事、

個人が小さな一歩でもアクションすること、

これが必要です。

 

まずは日本の成長はこのままじゃ(というかすでに)ヤバイという危機感を常に持ってみましょう。