いつもご覧いただきありがとうございます!

 

山形は暑い日が続いています。

今日の状況です。

f:id:ricken97f:20190602151020j:image

 

天気がいいので順調です。

 

今日は地区の運動会でした。

f:id:ricken97f:20190602152700j:image

 

後ろにそびえているビル?みたいな大きな建物は、

カントリーエレベーターという、

お米を乾燥させる施設です。

秋にお世話になります。

 

本題で、

今日はちょっと違う話で、

気になったコピーの考察をしてみます。

 

この広告を見て、あなたは何を感じますか?↓

f:id:ricken97f:20190602151428p:image

 

これはアメックスプラチナのWeb広告です。

 

なぜ広告を出しているか。

答えはもちらん、カード契約が目的なんですが、

ここで、

 

「手にして欲しいのはカードではない」

 

という言葉(コピー)で否定しています。

 

でもその後にしっかりと、

「体験(を手にしてほしい)」

ということで、否定&フォローしています。

 

 

これを読んだ人が次に思うこと、

 

その「体験って何?」

ってなりませんか?

 

そう、

この体験を画面上で探すために、

みんなくまなく画面をすみずみまで探します。

 

そこで見つかる体験、

  • 年会費130,000円?(高いし税込?)
  • メタル製(プラスチックじゃないの?)

 

こんな特徴を見つけるわけです。

 

そして、この下の申し込みボタンに誘導していく。

 

おもしろいコピーです。

 

 

アメックスに限らず、全ての企業は、

相当なお金をかけてコピーを作り、選択します。

なので広告を見るだけでとても勉強になります。

 

生活のあらゆる場面に潜んでいる「コピー」、

 

いろんなカラクリがあって、面白いですよ。