いつもご覧いただきありがとうございます!

 

今日は農業特になかったんで、今後経済がどうなってくかの考察。

f:id:ricken97f:20190717112828j:image

 

前置きとして、

この手の記事はいろんな所で発信されてますが、一個人のブログなんで参考はおろかふーんそうなんだ程度にお願いします。ありのまま書くので。

 

まず、長い目で見れば世界的に経済は上昇しています。

 

なので、基本的には上昇していくと思います。

 

ただ問題は、いつまで上昇するのか?

 

よく東京オリンピックが終わったら暴落、なんて言われてますが、まずそこはほぼ間違い無いと思います。

 

実際に都内の不動産価格が動いています。

反面、福岡や名古屋、大阪などの都市圏では堅調なのですが、

やはりオリンピック後の大きな波に流されて、横ばいはあっても上昇はないかと。

 

ただこの暴落もそこまで続くものではなく、行ってもリーマンショック程度かなーと思います。

日経だと1万円前後が底かなーと。

 

最近は、アメリカ株が連日高値更新しています。

しかし、これまで連動していた日経平均が今回は連動していない。

 

つまり、

日本の先行きがそこまで成長性に乏しい、っていう世界の評価なんだと思います。

 

そこに消費税増税なんてするんで、余計経済圧迫です。

 

今企業は、内部留保が増えているのもあるんですが、

とりあえず利益を上げるために手っ取り早いのは「値上げ」です。

 

これはセブンイレブンなどの唯一無二なところは特に顕著で、すぐに値上げしています。

容量を減らして価格を据え置く、実質値上げなんてのもあります。

 

ただこれをやると、消費者としては値上げ+消費税増税になるので、購入での支払額がダブルで大きくなる。

なんで支出を抑えて、どんどん消費減退を招く負のスパイラルです。

 

もともと消費税は、社会保障などに行きます。

となると、社会保障を外人が日本にわざわざ来て医療を受けて支払いをバックレる、なんてのは論外。

また生活保障の不正受給なども論外です。

 

こういうムダがいくつかあります。

でもそこには切り込めない「パワー」があるので、できないだけ。

 

ほんとは景気良くする策は頭の良い政治家さんたちは知ってるんですが、やりたくてもやれない、という状況なんじゃないでしょうか。

 

少し脱線しましたが、

国の規模ではなく、個人の規模で増税対策できることはいくらでもあります。

 

まずは身元を固め、個人でどんどんやる事が重要です。国は年々アテにならなくなってきてます。