今日はハウスを整地しました。

これが整地前のハウス、草がボーボーです。

ここに苗を並べて育苗します。

その下準備として、ハウスを平らにならす(整地)をします。

しかし、この整地は自分の場合、一段と丁寧にやらなければいけません。

なぜなら、「プール育苗」という水を一面に張る方法で苗を育てるので、

水平に近くしなければ水があふれてしまいます。

↑は昨年のプール育苗です。

なんでプールにするかというと、根張りが全然違うからです。

そのための今日は第一歩。

まず、トラクターで地面を耕します。

トラクターはこれ↓

一般的にトラクターといったらこんなんイメージしますよね?

間違えました、こっちです、

アメリカのは桁違いにデカイですね。

さっきの小さいトラクターですが、

これは昨年亡くなった祖父が、現役引退してしばらくした80歳くらいに買ったものです。

 

「いつかこれあると便利な時あるから」

そう言われても当時ピンとこなかったけど、

いざ使うとじっちゃんの言葉が身にしみますね。

 

超ベテランの意見はさすがです。

いざトラクタで耕していきます。

草が地面に埋め込まれていきます。

でも一度では綺麗にならないので、2、3回耕します。

完成がこちら。

所要1時間30分くらい。

元のをもっかい貼りますが、

かなりキレイになりました。

まだ土がフカフカなので、後日、平らにならす作業をします。

 

今回思ったこと。

ハウスは草生やさない方がいいですね。

シーズン終わったら、除草剤でキレイにした方がいいと感じました。

 

ハウス内でトラクタ乗ると、ハウスにぶつけたりする可能性もあります。

運転は十分気をつけてですね。

 

耕した後のハウスは、土の匂いが広がっていい香りがして癒されます。

今日は、風邪か花粉症かわからん鼻水で鼻が詰まってるのでゆっくり休みます。