いつもご覧いただきありがとうございます!

 

今日は幕張メッセで行われている農業WEEKという商談会に来ています。

会場の通りですごい大きな商談会なのですが、やはり時代の流れに沿ってAIやIOTの企業ラインナップが増えています。

さらに、6次産業もブースが多い。

 

基本的なところは間違いなく人の手で行う農業ですが、

今後AIやIOTはネックである価格の面をクリアして間違いなく浸透しています。

その時に、この技術はここに使えるとかの目星をつけておくことはベストです。

さらに大事なところが、なんと言っても販売。

これから販売も多様化してくるので、現在の市場出荷のみは縮小していきます。

いつでも売れる体制、いわゆるブランディングが大事ですね。

別にこれは規模の大小にかかわらず誰でもできることなので。